HDD(ハードディスク)増設

| コメント(0) | トラックバック(0)

----
HDDを増設したいということで
Corega 4BAY RAID eSATA/USB2.0 SATA3.5インチ CG-HDC4EU3500 と
Western Digital Caviar Green3.5インチ内蔵 WD20EARS-00MVWB0(2TB SATA300)4台で増設をはかる。

マシンはWindws7Pro
大量のデータを主にリードで使うため、RAID5にして6TBのドライブにするつもり。

届いたHDDケースに特にジャンパーなどの設定は行わずに止め具をつけて、そのまま4台差し込む。
ふたが安っぽいが特に取り付けは迷わない。

起動してRAID5で設定。設定は一瞬で終わった。あっけない。

eSATAでつなぎたいけどSATAケーブルを持っていなかったので手持ちのUSBケーブルでPCと接続。

コンパネ→コンピュータ管理→ディスク管理でパーティションを作成
MBRかGPTの選択が出るが6TBを1パーティションで使用したいのでGPTを選択

NTFSでクイックフォーマット→無事認識
エクスプローラ上のサイズは5.45TB。TBともなると1k=1024のマジックがかなり効いてきます。。

何もデータを入れない状態でベンチマーク。
ちなみにUSB接続だとREADが30MB/sぐらいでした。うーむ遅い。。

しょうがないからSATAケーブル買うか、、、と思って片付けていると、箱の中に付属のSATAケーブル発見。
マニュアルはちゃんと読みましょう。。

早速、PCにeSATAスロットを取り付けて接続。

同様にベンチマークを取ってみると。
HDDBENCH.pngぬおぉー。READで230MB/sーーー
格段にスピードアップ。

設定は問題なく出来たので、どれだけ壊れずに持ってくれるかですね。

価格は
HDD 9000円弱(PCDEPOT2010/8月上旬)x4台 
    + 
ケース 15000円強(AMAZON2010/8月上旬)
なので合計で51000円ぐらい。
15000円の外付けを3台買っても45000円ぐらいするのでRAIDが組めてこの値段ならお得です。





 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://onno.jp/mt/cgi-bin/mt-tb.cgi/32

コメントする

このブログ記事について

このページは、管理者が2010年8月14日 00:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Xperia(エミュレータ)の動画キャプチャの方法」です。

次のブログ記事は「LINUXにandroid SDK を入れてみた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.13-ja