PLCアダプタ

| コメント(0) | トラックバック(0)

----

最近自宅で開発する時間が長くなってきたので開発環境の改善を図りました。

今までは2004年に購入したバッファローの無線LANを経由してネットに接続していましたが、実行速度が2Mbps程度しか出ず、よく切断したりするので、かなりストレスがたまっていました。

新しいアクセスポイントを購入するか、クライアント側の機器を変えてみるか、などを検討しましたが、結局PLCアダプタを買うことにしました。

PLCアダプタは家の中に元々配線されている電力線を使って通信をするための機器で、コンセントに挿して使えます。
インターネットの入り口の線をPLC機器経由でコンセントに挿し、別の部屋のコンセントからPLC経由でパソコンに線をつなぐと、通信ができるのです。

自分はこれ↓を購入しました。



設置はかなり簡単で、光のルータから出ている線をPLCに挿し、別の部屋でPLCから出ている線をPCにつなぐだけ。(実際には複数マシンで通信するのでハブにつないでいますが)

速度も以下の通り、20Mbps 前後はコンスタントに出ています。
SpeedCheck.PNG
※通信速度は環境によって差があるようです。




 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://onno.jp/mt/cgi-bin/mt-tb.cgi/117

コメントする

このブログ記事について

このページは、管理者が2011年9月11日 16:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「firefox のロケーションバー(アドレスバー)にURLを入れてENTERを押してもページが表示されない」です。

次のブログ記事は「パソコン切替器(KVMスイッチ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.13-ja