EC2東京リージョンで固定IPをつけたらアメリカ割り当てのIPがついた

| コメント(0) | トラックバック(0)

----

amazon の 東京リージョンのEC2インスタンスを起動して、ElasticIP(固定IPアドレス)をつけたらアメリカに割り当てられているIPアドレスがふられてしまった。

サーバ自体は東京リージョンで起動しているようなので、アクセス速度などは大丈夫なのだが、ちょっと問題なのは、別のサーバとのサーバ間通信や、別のサーバのWEBサイトへのアクセスなどである。

アクセス先のサーバが、アクセス元IPアドレスから地域判定している場合、こちらのサーバがアメリカからのアクセスと勘違いして、アメリカ向けの情報を返してくる。
これは困ります。。

ということで、東京リージョンで ElasticIP を振る場合は、振られた直後に、どこの国に割り当てられたIPなのかを調査することをお勧めします。

何度も振りなおせば日本に割り当てられているIPになるかも?(実験していないので直るかどうかは不明です)




 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://onno.jp/mt/cgi-bin/mt-tb.cgi/174

コメントする

このブログ記事について

このページは、管理者が2012年5月13日 06:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「AWS の RDS を使って MovableType を立ち上げてみた」です。

次のブログ記事は「vi を使用中に Ctrl+s をどうしても押してしまう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.13-ja