2013年4月アーカイブ


iOSアプリ開発時にはARCという機能をONにしている。

ARCはインスタンスを管理して、不要になったら自動的に解放してくれる便利な機能です。

これを使うことによって release などの明示的な解放処理の記述を書かなくてもよくなります。逆に書くとエラーになります。

しかし、開発をしていると、他のプロジェクトのソースを参考にしたり取り入れたりすることも多いので、その際はこのARCが問題になります。

参考にするソースがARCに非対応の場合、release などの記述がコード中にあるので、そのまま取り込むと
not available in automatic reference counting mode
というようなエラーが発生します。

このエラーを無くすために ARC 非対応の記述を一つ一つ直すのは大変なので、以下の手順で特定のソースだけ ARC をOFFにしてコンパイルします。

[Build Phases] - [Compile Sources] で該当のソースファイルを選択してEnter

表示されたエディットボックスに -fno-objc-arc を記述してEnter

この設定で、指定されたファイルは ARC OFF でコンパイルされます。




このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.13-ja